コモノの雑記帖

日々の雑記帖です。暮らすという事、考える事。

【絵本】はらぺこあおむしが愛される理由について考える

今日、電車の中でまだ1歳くらいかな?女の子がお母さんのヒザの上で泣いていました。

 
長時間の移動、不慣れな電車の中でグズってしまったのでしょうか。我が家にも同じ頃の娘がいるのでご両親のお気持ちは察します。。。泣かれると辛いよねw
 
その子ははらぺこあおむしの絵本を持っていました。我が家にもあります。不朽の名作と呼ばれる絵本で、子育ての経験がある方なら表紙くらいは絶対見た事があると思います。この本、以前長女に読み聞かせていて思っていた事があります。
 
なぜこの本は名作と呼ばれているのか?
 
自分は何度となくこの本を読みきかせのため、手を取った訳ですが、結局良さがわかりませんでした。なんでかな。長年親しまれている名作の中には、理解が出来ない作品があります。オーソドックスを盲目的に良いものとして受け取ることが出来ない、天邪鬼な世代だからかもしれませんが、はらぺこあおむしは未だに謎。子供が嫌いでなければ手に取って読むのですが、なんか良いものに触れて欲しいという親のワガママまでは満たしてくれない感じなのです。
 
では子供にとってどんなものなら良いと思えるのか?という問いについてはまた答えるのが悩ましい現実。自分の3歳、4歳の頃の記憶はもうほとんどないので、アレコレ楽しかった、好きだったという感覚を頼る事が出来ません。なんとなくそういう親の不安がはらぺこあおむしに集約されてる気がして、よくわからないけど名作になってるんではないのだろうかと、邪推する訳ですがそれが何事にも理由付けを求める大人の間違いなのかもしれないなと、子供の相手をしていて思う事もあり。。。
 
やはりオススメの絵本というのは、自分でしっかり探す気概が必要なんだなと反省しているこの頃です。

【映画】シン・ゴジラ観たよ。

公開後、最近の日本映画では珍しく色々な意味で大盛り上がりのシン・ゴジラ

 
 
コモノはゴジラ大好きなので、とても観に行きたくて仕方がありませんでした。
もちろんネタバレ記事とか見かけるとタイトルだけ見てそっとページを閉じる毎日を送っておりましたが、先日みてきましたよ。映画館ならではって事で初4DX体験もしてきました。
 
いや、やっぱりゴジラいいわぁ(笑)
 
いろいろ漏れ伝わる皆様の感想から、なんだろう、どんなところが意見の割れるところなんだろうとヤキモキしながら観ましたが、面白かったです。
 
4DXも丁度いい感じというなかな、やり過ぎ感はあまり感じなくて楽しめました。ただ無くてもいいっちゃいいかな?アトラクションとしてのチューニング次第で楽しいかどうか変わりそうな仕掛けなので、好みはハッキリ別れそうです。
お話に集中したければiMAXの方がまだいいかもしれませんね。自分は3Dが苦手なので2Dで良かった派です。
次からは4DXないだろうなー(笑)
 
今更初代ゴジラ無敵!とか、言うつもりは全く無いですが、初代ゴジラは小学生の時に東宝ゴジラクラブなるものに入会していたおかげで映画館で観て衝撃を受けた記憶があります。沖田博士の自己犠牲の姿に軽く目眩を憶えた記憶は、今でも割と鮮明ですしね。オキシジェンデストロイヤー、懐かしいです。
 
怪獣モノが大好きになったのはウルトラマンが先か、ゴジラが先かは忘れましたが、少年時代を色濃くした趣味であったことは否めません。
 
シン・ゴジラ」、あいかわらず賛否両論のようです。良くも悪くも話題になるというのは良いことで、公開されてる事を気がつかれずに終わっていく映画も多い中、大成功なのではないでしょうか。興行的にも良さそうですね。
 
ネットが身近になるにつれ、あれこれ言いやすい環境になっていますので多少意見の相違がある事で議論になる事はごく自然な事に思います。
 
肯定、否定それぞれあるのだと思いますが、自分は楽しめました。ゴジラシリーズで唯一むむ???!となったのはハリウッド版のトカゲゴジラくらいですかね(笑)
 
完成度云々では無く、ゴジラは怪獣であって恐竜ではないってのは何故か譲れず。
 
今回のゴジラは終末思想ぽい演出もありましたけど、ただただ、なすすべも無く街が破壊されていく演出はやっぱり好きで、ゴジラってこうだよねってなりましたよ。
 
そのほか細かな解釈やあれやコレやは他の方にお任せするとして、まだ見に行ってない方は是非劇場で観て欲しいなと思いました。もう一回観ても良いなー。
 
 
 

【風物】花火と屋台と娘の記憶。

先日の事。

 
長女と初めて夏祭りに行きました。カミさんと次女はお留守番です。(次女は1歳、外が35度越えなので)住む場所は夏祭り自体がそんなに多い地域ではないので、花火が上がるようなお祭りはこの祭りだけ。
 
自分にも小さな時に親と夏祭りに行った記憶が薄っすらとあります。長女ももうそういう思い出を記憶する歳になっているのでしょうか。まだ4歳で花より団子を地で行く我が娘は、花火の音にビビって早々に泣き顔に。少し離れたところに移動しての花火見学となりました。肩車くらいしてあげれば良かったかな。
 
お祭の会場に昼間カミさんとも来ていた長女はその時点で結構食べ歩いていた、と聞いていたので屋台の焼きそばやらフランクフルトやらのおねだりは全却下(笑)
流石にむくれていたので、スーパーボールすくいみたいな屋台だけ遊ばせてあげて、渋々引き上げるお祭となりました。
 
「楽しかったー」と口では言うものの明らかにご不満顏の長女を見ていたら、果たしてどんな思い出と彼女の心に記憶されたのか、他人事のようにチクリと心に針が刺さったような感じで少しだけ申し訳なく。しつけと思いながら小さな注意を細々していれば子供にしたら楽しいわけもなく。
 
あぁ、自分もそんなような記憶があったな、とひとりごちる夏の夜でした。
子育ては迷いの連続ですね。
 
そういえば風鈴が鳴る軒先を見る機会がずいぶん減った気がします。
路地が少なくなったからなのでしょうか。打ち水で日陰がひんやりするような甘い暑さでもないですしね。我が家も「涼を取る」なんて言葉で表すような風情のかけらすら、日常生活にはありません。野暮ですが、それも時代が変わったのでしょう。
 
そういえば長女、かき氷もダメだったなぁ。。。
苦手なんだそうで。(青い色のアレだったけど。後日聞いたらイチゴ練乳は好きだとか。贅沢め・・・・)
 
もう間も無く、夏も終わりです。
みなさまの夏の思い出が良きものでありますよう。

【お知らせ】個人的な雑記ブログを始めました。

こんにちは。コモノです。

 
この度、超個人的な雑記ブログを始めることにしました。ホビーに特化したブログを書いていましたが、色々書きたくなるものです。
 
こちらはノーマルテンションで静かに綴る予定ですので、おヒマがあれば覗いていってくださいませ。
 
どうぞよろしくお願いいたします。