コモノの雑記帖

日々の雑記帖です。暮らすという事、考える事。

【休日】晴れた日のリビング

冬枯れの季節。

 

休日が快晴になったのは久しぶりに思う。

リビングでは次女がお昼寝をし、その横でこっそりブログを書いている。

 

最近家族は立て続けにマイコプラズマや風邪にかかり、いまやミニパンデミックのような日々が続いていた。夜間もしばらくは気も休めることができなかったり。

 

年末に向けて仕事もそれなりに立て込む時期、自身も含めて体調がすぐれないことのデメリットを痛感している。なかなか今までのようにはいかないものだ。昔はなんであんなに病気に対して不安を持っていなかったのか思い出すことすらできないけれど、今日のようなよく晴れた休日を、ひとり自宅でダラダラ過ごしていた時間がいやというほどあったな、と思い出した。

 

誰かから遊びのお誘いがかかればいいのに、なんてかかってくるわけない様な電話を手元に置きながら、大して興味がないワイドショーを付けっ放しでソファで寝転んでいたあの頃は、だいたいそのまま夕方になって何もしないまま夜になった。

 

そんな時間を今は願っても持てるわけでもなく。

物事や時間の価値は、そのものが目の前にある時には気がつくことができず、もう手に入らなくなってから大体後悔をする。退屈で仕方なかったあの時間をまさか懐かしみながら羨む日がくるとは!

 

次女が寝ている束の間の時間だけれど、しっかり惰眠を貪ってやろうと思った。